テレホンカード
「世間話は潤滑油・・・」

2013年8月3日

今 テレホンカードを常時持ち歩いている人っているんでしょうか?

10円硬貨しか使えない公衆電話を覚えているでしょうか?
長距離電話はあっという間にガシャと音をたてて10円玉がなくなります。
大量の10円を準備しなければ話の途中で通話できなくなることはしばしば
だから 10円硬貨は重要なアイテムであったような気かします。

後に100円硬貨が使える公衆電話が登場しましたが
お釣りは出なかったと記憶しています。

だから10円硬貨が足りないと困りました。
たった10円の重みです。

テレホンカードの使える公衆電話が普及したのは
NTTになる前の昭和60年前後じゃなかったでしょうか

デジタルの液晶の赤い数字が減っていくのが画期的でいた。
カードの残数が減るとピーとアラート音が鳴ります。
この音がなるとドキドキしました。

次のテレホンカードを補充します。
補充したテレホンカードに残数が無かったら・・・
電話が切れちゃいます。
(だから少しだけドキドキします。)

新たな残数の赤い数字が表示されます。

なんか公衆電話には情緒がありました。
私は社会人になりたての頃 ポケベルを持たされました。

文字盤の出る前の初代ポケベルです。
会社へのコールバック専用です。

会社に電話を掛けて留守番に要件を確認します。

ピーピーと鳴ると公衆電話を探します。

「○○さんと○○さんに大至急折り返し電話しろ」
毎回 急ぎの要件はいい話がありません。

面倒な要件ばかりです。

渋滞でイライラの時に限ってポケベルは連打でなります。
車を路肩に寄せて公衆電話を探します。

 

だから時折 ポケベルを会社に置いていくこともありました。

今、思うと 得意先の電話番号はほとんど暗記していたような気がします。

今でも昔のお得意先の電話番号は覚えています。
最近のお得意先の電話番号はまったく覚えていません。

携帯電話のアドレス帳で電話番号を覚える必要はなくなりました。
社名 検索で 電話番号を調べるのも手間いらずです。

私が社会人になりたての頃
通信手段は、電話とファックス なんか情緒がありました。

直筆ファクスの手紙は感熱紙に気持ちが染みていました。
染みていたのは感情です。
大至急って書いてあると急いでしまします。
深夜にファックスが届くと
遅くまで頑張っているんだなって感じます。

電話は要件以外の世間話が重要でした。
世間話の長電話は人と人とのつながりを多く感じました。
要件は一言で終わるんですが
要件までの世間話は、時には無駄と思えましたが潤滑油のようなものです。

最近 直筆の文字めっきり見る機会が減りました。

今 何でもメールで事足りてしまう事が多くあります。
確かに便利です。 が  大切な無駄が失われつつあるような気がしました。

そんなことをふと思った今日この頃です。