"Googleでは、4月21日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素とすることを発表しました。
これは言い換えると[スマホ対応していないHPは検索表示順位を下げますよ]という発表が、ついに公式にGoogleから発表されたということです。
Googleの検索結果にPC版とスマホ版の識別表示を設置し、スマホ対応しているWEBサイトには「スマホ対応」と表示されます。
これは昭和40年代のテレビ放送に「カラー放送」と表示があった頃に似ています。白黒放送とカラー放送が混在していた時代のお話です。これからは、スマホ対応があたりまえの時代に。

P×Sが推奨する1分で分かるスマホ対応必要チェック モバイルフレンドリーテスト

スマホ対応をしていないホームページは、未対応だとお客様に発見されにくくなります。サイト集客を考えている中小企業の方々にとっては、インパクトの大きなニュースだと思います。特にローカルビジネスを行っている企業の方々にとっては、スマホからの検索は生命線と思われるので、対策が必要になります。
スマホ対応といっても、具体的にどこを修正すればよいのか?自社のサイトは今回のルール変更で順位が下がる可能性があるのか?実はだれでも簡単に確認できます。
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/にアクセスしてみましょう。

  • 上記サイトにアクセス&ホームページのURLを記入
  • 分析ボタンをクリック
  • Google公式のチェック結果が確認できます

問題なく検索結果にも影響がでない場合

このような「問題ありません。モバイルフレンドリーです」といった画面になります。

問題があり、検索結果に影響がでる可能性がある場合

このように「モバイルフレンドリーではありません」と言われ、対応が必要な問題点が表示されます。 [問題例]テキストが小さすぎて読めません/リンク同士が近すぎます/モバイル用viewportが設置されていません

変換vsレスポンシブvsスクラッチ、ベストなスマホサイト制作方法は? P×Sのスマホ対応。

スマホ専用サイト スクラッチ

PC版と別々の URLでスマホに対応

PC版とは別に新にスマホ対応のWEBサイトを構築する方法です。デザインや動作をそれぞれの端末に最適化したHTMLファイルやCSSファイルを複数用意し、HTTPリダイレクトなどでアクセスを振り分けます。 この設定では、PC 用 URL ごとに、モバイル端末専用コンテンツを配信する別の URL を用意します。 スマホユーザにだけ対応すればいい、PCサイトはもう要らない。そんなクライアント様は、珍しくありません。

レシポンシブ デザイン

PC版と同一の URLでスマホに対応

「Googleの推奨する手法」です。 URL が1つなので、ユーザーがコンテンツを簡単に共有したりリンクしたりできます。対応するパソコン用ページやモバイル用ページが存在することを Google のアルゴリズムに伝える必要がなく、ページへのインデックス プロパティの割り当てが正確に行われます。同じコンテンツのページをいくつも維持管理する手間が省けます。CMSにてサイトを運営管理しているのなら管理も簡単です。

スマホアプリ制作

お客様の手の中にいつでも貴社のHPを

appleストアやGoogle Playからアプリをダウンロードしてユーザのスマホにてご利用いただく手法。 サービスの再利用、繰り返し購買などリピーター対策には有効なスマホ対策のひとつです。 新着NEWSの発信やメンバーズカード、そしてポイントの管理など活用方法はアイデア次第。 お客様に応じたスマホ戦略をご提案、アプリ構築のお手伝いはお任せください 。

P×SのWeb制作実績。

CONTACT